東京オリンピック(東京五輪)選手村での食事は一体どうなる?

2020年東京オリンピック公式エンブレム
東京2020大会エンブレム


東京オリンピック(東京五輪)選手村での食事はどうなるのか

さて、今回は日本の東京オリンピック開催が決まり、一体選手村での食事はどうなるのかを考察したいと思います。
日本でのオリンピック開催は実に22年ぶりとなります。
時期:2020年夏季オリンピック
2020年7月24日~2020年8月9日 開催

<日本での過去オリンピック開催履歴>
1964年東京で開催
1972年札幌で開催
1998年長野で開催

ロンドン大会の例では全体で1500万食以上
ピーク時には30分で1万食が必要となったものだ。
食材を調達する事。また食材を素早く提供する事等が課題として上げられている。


【選手村での課題

❶また開催国ならではのメニューの検討
❷食料の表示方法など、他国の方でも分かるような表示にする必要がある為、多言語で表記する必要がある。
❸食事での宗教的な食習慣やアレルギー対策を行う必要もある。

選手にとっては食事は憩いや安全性が重要との話が出ているものです。
やはり、それぞれの競技での力を発揮する為にも食事はかなり重要な1つとなってきます。それだけ食事にもこだわりや選手への配慮を行う必要があります。食事については、東京で開催という事もあるのでやはり日本人選手には有利な面が多いと考えます。選手のニーズに合わせた食事の提供ができます。

<和食メニュー> 
・お寿司・魚料理・お味噌汁

<洋食>  
・オムライス・肉料理・カレー  

<ファーストフード>
・ハンバーガー・ピザ・チキンやポテト等


食事の提供方法(大会組織委員会より)

食事は紙皿にて提供されるとの事です。
環境への配慮を考え、食後の廃棄方法やリサイクル等環境への配慮もしていきたいとの事です。
その他の基本的な戦略を2017年度末には公開したいとの話が出ています。
食後にゴミが散乱していては、せっかく注目を浴びるオリンピックですので、海外の方からの評価も悪くなってしまうので、きちんとしていきたい所です。

<東京ショー>


<まとめ>

・選手への食事の調達や食事を素早く提供する準備が必要。
・選手のニーズに合ったメニューをいかに準備できるか。
(開催国ですので出店数も有利に出せるのではないかと考えます。)
・食事は選手にとって憩いや安全性が重要です。
(食事で体調が悪くなるなど合ってはならないものです)


ここまで読んでいただきありがとうございます。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
ケセラセラのTwitterはこちら!