【断捨離】何かを得る為には何かを捨てる必要がある法則について。


どうもっ
ケセラセラですっ☆

いきなりですが、みなさんは捨てられないものはありますか?
ケセラセラは捨てられないものというのは実はあまりありません。
ですが、捨てられない行動というのはかなりたくさんあります。

今回のテーマは何かを得る為には何かを捨てる必要がある法則について書きます。


【断捨離とはなんだろ~?】

断捨離とは、簡単に言うと自分にとって不要なものを処分(捨てる)する事です。
断捨離という言葉があるのは、使わないものを捨てられない人がそれだけ多いからできたと思われます。
やっぱり、捨てられない原因は、せっかく買ったのに捨てるのはもったいないですもんね。

またどこかで使うかもしれない、来年は使うかもしれない等色々考えはあると思います。
ですが、1年間1度も使う事が無かった物は、今後も生活する中で使う事はないと言ってもいいです。
なぜなら、本当に必要なものは、実際に今現在使っているもの、また1年間に1回は使っているものだけです。

例外として、大切に使っていたのに、無くしてしまいある日、床下に転がっているのを見つけた物などは別です。
それは今後も使い始める可能性がある為、置いておきましょう。


【いらないものを捨てるメリット・デメリット】

いらないものを捨てる事によって、メリット・デメリットというものがあります。

<メリット>
・不要なものを捨てる事で、部屋が片付き心もさっぱりした気分になる。
・断捨離する事で物自体が少なくなるので、あちこち物を探す事がなくなる。
・不要なものを置かないようにする事で、次回いらないものが増えても処分するという行動がとれる。
・部屋の乱れは心の乱れにつながります。

<デメリット>
・物自体を捨ててしまうので、その当時、買った時の心境は思い出せなくなる。
・やはり置いとくべきだったと思っても、もう戻ってこない。


【何かを得るためには何かを捨てる必要がある法則】

やはり、部屋を片付ける事は大切です。
断捨離した後は、部屋もきれいになりスッキリしますよね。

物をいるかいないか判断して処分する断捨離ですが、実はこれは生活においても
応用する事が出来ます。

それはどういうこと?って思った人に今から説明したいと思います。

ここまで説明してきたことは、物を捨てるか置いておくかについてでした。
これを応用して、日常生活の中における自分の行動を断捨離する事が出来ます。
つまり、毎日の習慣になっている行動を思い切って、断捨離してしまおうという事です。

例えば、日常生活の中で、毎日ゲームを3時間している方がいたとします。
3時間って聞くとかなり長い時間ですよね。でも、案外ゲームをしている本人にとっては
気づくともう3時間経ってたのか~ぐらいの感覚だったりする訳です。

これが1日だけだったら、たまには気分転換でいいかな?と思いますが、毎日となると
かなり大きな時間がゲームで取られてしまいます。

そうすると他に使える時間が少なくなり、最終的に睡眠時間を削ってしまうという
行動をとるようになります。
睡眠時間といえば、やはり自分の体を動かすためのチャージ時間なので、これを削るというのは
避けたいところですよね。(ロボットでいう充電時間みたいなものです。)
ロボットも充電が切れたら、動作停止していまいますよね。人間も睡眠を取らなければ、活動に影響が出てしまいます。

ではどうすればいいと思いますか?

はい。そうです!こんな時の為の断捨離なのです!!
物を捨てる事だけが断捨離ではありません。これを応用して、日常の行動を見直してみて下さい。
例としてゲーム3時間というものを出しましたが、他にも毎日飲みに行くという方、ショッピングに行く方
いろいろあるかと思います。

そういった行動で、自分の気分転換になっているという方や、ストレス発散になっているというのであれば
それは、辞める必要がないと思っています。むしろ辞める事で生活のリズムがくるってしまう可能性があります。
逆に、毎日の行動の中で不要な行動をしていると感じている方は、思い切ってその行動を断捨離してみて下さい。

👇合わせて読みたい👇(このリンクの記事のやらない継続力を参考にしてみて下さい。)
継続力には大きく分けてやる継続力とやる継続力とやらない継続力がある。

そうする事で、今まで使っていたその時間を、他の挑戦したい事であったり、最低限必要な睡眠時間に充てる
事が出来るようになります。ここのテーマで言いたかった事は、この何か新しい事を取り入れたい場合、自分の
生活習慣を見直し、思い切って悪い習慣を辞めてみるという事が大切なのです。

それにより、新しい事に挑戦し、未知なる自分を発見できる可能性も見つかります。
すぐに習慣化された行動を変える事は難しいですが、思い切って行動を変える事もできるという事を覚えていてほしいです。


ではっ

このへんで!ば~いっ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
何かを得る為には何かを捨てる必要がある法則についてでした。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
ケセラセラのTwitterはこちら!