【自己適正を知る】口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いている


どうもっ
ケセラセラですっ☆

みなさん、自分で口がうまいほうだと思いますか?そんなにうまくはないですか?
それとも普通ぐらいでしょうか。話術がうまい人やそうでない人がいるのも現実です。
今回のテーマは口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いているという事についてお話します。


【自分で自分の性格を考えてみる】

みなさん、自分の性格ってどんな性格かしっかり考えた事あるでしょうか?
もちろん。自分は自分なのだから自分が一番よくしっているに決まっていると思いますよね。

ケセラセラも自分の事は自分が一番よく知っているつもりです。
逆に自分以上に自分の事が分かる人がいれば怖いかもしれません。笑

ですが、案外自分の性格の事って、深く考える機会ってあまりないような気がします。
今まで生きてきて、自分の性格を考えた事があるのって、バイトの面接であったり、
学校の面接、仕事の面接ぐらいではないでしょうか。

実際、面接があると分かれば事前に言う事を考えなければいけません。
いざ思いつくのは、自分は何が好きなのか、嫌いなのかが一番考えやすいかもしれません。
それにより、どういった性格なのかを肉付けて考えていく事が出来るからです。

例えば、学校で行く旅行が嫌いだけど、仲のいい人だけで行く旅行は好きという人がいたとします。

<学校で行く旅行が嫌いな理由>
①知らない人と一緒に行動するから
②初めての人と一緒だと人見知りして話しかけられない
③相手に気を使ってしまう
④行きたい場所を自分で決める事ができない

<仲のいい人だけで行く旅行は好き>
①仲がいいので、相手がどんな人かわかっている。
②仲がいいのでどこに行っても楽しめる。
③行き先を自分で決める事が出来る。
④気をつかわずのびのびと話ができる。

考えてみて簡単に思いついた理由をそれぞれ書いてみました。
学校で行く旅行が嫌いな理由から性格を分析すると、相手に気をつかってしまう傾向があります。
相手の意見をまず尊重するので、自分の意見をあまり強く言えない所が損しやすいとも言えます。
良いところは相手の意見をしっかり聞け、相手の立場に立った物事の考え方ができるので、広く周りを
見る事ができる優しい方だと思います。

仲のいい人だけで行く旅行は好きな理由から分析すると、一度仲良くなると、自然体で気さくに
行動できる性格だと言えます。初めて会う人とは、なかなか打ち解けるまで時間がかかるが、仲良くなるに
したがい、行き先を自分で決めるなど、自分の意見も出せる性格で、周りも引っ張れる頼もしい性格です。

このように、自分の性格で思いついた事に対して、その理由を考えていく事でどんどん肉付けしていく事が出来ます。
これを深く掘り下げていく事で、自分はどういう事が嫌いでどういう事は好きなのかが明確になります。
頭の中だけで考えるのは、その瞬間は思いつくのですが、すぐ忘れてしまうのでまず、白紙の紙とペンを準備して
おいてくださいね。(人間の記憶は重要な事以外はすぐに忘れてしまう短期記憶というものに分類される為、紙に書いて
後から見直せるようにしておきましょう)

👇合わせて読みたい👇
【優しい人必見】人の目を気にしすぎて自分の意見が言えない性格を直す。


【口下手な人・口がうまい人(話術がある)の違い】

口下手な人・口がうまい人って見ているとすぐにわかりますよね。

簡単に想像できる人物であれば、テレビのバラエティー番組の司会進行を務める方は、話術があると言えます。
その場の空気を読み、誰かのコメントに対し、的確にツッコミができ、その話をさらに膨らます話術があるからです。
パッと思いついたのは、明石家さんまさん、ダウンタウンさんが思い浮かびました。

他にも色々テレビに出ている方がいる中で、パッと思いついたという事は、それだけ知名度があり、なおかつ
実力がある人物として自分の中で認識している為です。

この口がうまい人(話術がある)がいる反面、全然自分は口下手だな~という人もいるかと思います。
むしろ、口下手な人の方が多いです。
やはり、口が上手い人に比べて口下手な人はかなり損している事が多いというのが今回伝えたかった事です。

口がうまい人が得している事

・周りの注目を集められる
・自分に自信があるように見える
・仕事が出来るように見える
・雪だるま式に人が集まってくる
・うまく周りの人とコミュニケーションが取れる。
・困った時は周りがフォローしてくれる人が多い。
・困った事があっても自分だけで抱え込まなくても良い。
・自分より立場が上の人に気にいられると評価を高くしてもらえる。

口がうまいというだけで、ざっとこれぐらいは、良いことがあります。
ですが、これは生まれ育っての環境であったり、天性の才能でもある気がします。

口下手な人に、いきなり話術を求めてもこれは実際のところ難しいです。
逆に、翌日から無口なところがかわいかった人が、マシンガントークをしたら怖いですよね。

ケセラセラも口下手で、わいわい騒ぐようなのは少し苦手な方です。
外に遊びに行っても、口がうまい人だけが目立って悔しい!と思った事もありました。

ですが、気づいたのです。
口が上手い人にでも勝てる分野があるのではないかという事に!

それは口下手な人って、メールやSNSで返信する事の方が楽と感じる人が多いと思いませんか。
というのは、直接言うより、文章にした方が伝えやすかったり、実際自分の思っている事が伝わるの
ではないかと言う事なのです。

話術がある人であれば、自分の思いを1から10まで、直接伝える事が出来るのかもしれません。
逆に話す事が苦手な人は、10伝えたい事があっても、3か4しか伝わらない可能性が出てきます。
自分の一番伝えたかった事を伝えられなかった為、失敗となると悔しいですよね。

なので、それをカバーできる能力として、口下手な人には文章を書く能力は高いのではないか
感じているわけです。詳しくは下の項目(口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いている理由)で書きます。


・口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いている理由。

上で色々書いてきましたが、簡単に言うと、話術がある人は口で直接伝えるという能力が高いです。
反対に口が下手だと、伝えるという事で大きく損していますよね。

それを挽回(カバー)する為に、口が下手な人は、文章で伝えるという技を身に付けると強いのでは
ないかと思ったのです。
例えば、面接で思ったことを40%しか伝えられなかったとします。

ですが、履歴書用紙と別に、自分の強みを文章で書き、それに合わせたグラフや理解しやすい写真を
付けてあげたらどうでしょうか。そうする事で、伝えたかった事の80%ぐらいまで引きあげる事
が出来る可能性があります。

緊張で自分から伝え忘れたとしても、面接官の方から、記載した内容について質問してくれれば
それが、1つのチャンスになる訳です。
このように、口がだめらな、文章力でカバーしていくという技もあります。

ケセラセラが思うに口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いていると感じています。
なので、将来的な仕事について何をしようか考えている人で文章書くのが得意な人は
ブログ・執筆作業がある仕事を候補として考えてみるのはどうでしょうか。

今の世の中、正社員以外にも、働き方は多いですよね。
昔と比べ、正社員として、安定した企業につき安定した給料をもらう事だけが生き方では
ありません。

昔では考えられなかったYouTuberといった職業やブロガーなど選択肢もかなり
増えています。
はっきり言うと、どこかの会社で決まった時間会社に出勤して、時間が来ると帰る
という生活より、自分の起きたい時間に起きて作業をする。そして寝たい時間に寝る。
でも、やりがいを感じていて、生活していく収入はあるという生活の方がかなり魅力的
だと思いませんか?

まさに、ネットが普及し、SNSといったものが普及してきた今の時代だからこそ
できる職業が出てきています。
それが、Youtuberであったりブロガーという事ですね。

実際、企業の正社員として働いている人で、同じ仕事内容をしているのに評価される人、
評価されない人というのがあるのも現実です。

やはり、企業の上司というのも人間なので、好き嫌いがあります。
話術がある人であれば、同じ仕事をしていても、やっているアピールをする事がうまかったり、
上司との話で機嫌の取り方がうまかったりするのです。

そうなると、評価されない側からみると、同じことやってるのにとやる気が奪われてしまいますよね。

ですがっ!ここがポイントです!
実際に自分で文章を書く仕事があれば話は別な訳です。
つまり、話術があっても、無くても、実際に自分で作った文章であったり分析したグラフ・図面が
すべて評価の対象になります。

やった事に対しての結果はすべて自分に返ってくるのです。
そこに口がうまい下手は、関係ありません。
上司の機嫌に左右されずに、良いも悪いもすべて、自分の努力が反映されるのです。

これってものすごく、魅力的な事ではないかと感じています。
なかなか、普通の正社員として仕事していると、体験できる事ではないので、是非1つの手段として
覚えておいてもよいのではないでしょうか。


・現状の仕事からブログ・執筆作業の生活へ変えていくには。

現在、皆さんは何かお仕事をされているでしょうか。
現在している仕事から、文章を書く系で生活したいという人も多いと思います。

文章を書くといっても何について書くか分からないですよね。
急に今の仕事を辞めても、生活が出来なくなったら意味がありません。
ですので、今の仕事をしっかりこなしつつ、自分の書きたい事を見つけるというのが
まず最初に考える必要がある事です。

貯金に余裕があり、2年3年は働かなくても生活できるのであれば、思い切って今の
仕事を辞めるという選択もありかと思います。その代わり、何が何でもブログ・執筆作業
で生活していくという気持ちがなければ厳しいです。

そのうえでまずは、ブログを書く事をおススメします。
ブログであれば、いい商品であったり、是非これはおすすめしたいという商品の紹介をする事もできます。
誰かの役に立つ情報を発信する事ではじめて、自分も生活できるようになるのです。


ではっ

このへんで!ば~いっ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
【自己適正を知る】口下手な人ほどブログ・執筆作業に向いているについてでした。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
ケセラセラのTwitterはこちら!