【幸せの定義】お金が無くても人生が幸せになる為の考え方


ケセラセラケセラセラ

どうもっ☆ケセラセラですっ☆

みなさん、お金は好きですか?

ケセラセラもお金は好きです!なぜならお金がないと生活が出来ないからです!まあお金が嫌いという人はなかなかいないですよね。

お金はいくらあっても困りませんが、使い方を間違えるともしかしたら、幸せではなくなるかもしれません。

今回のテーマは【幸せの定義】お金が無くても人生が幸せになる為の考え方についてですっ!!!


幸せとは一体何か?

みなさん幸せとは一体何か?という事を考えた事はありますか。

日常生活において、楽しい事があったり、悲しい事・悔しい事・腹が立つ事があると思います。

人というのは、このような気持ちを感じながらも毎日、必死で生きています。

その日常生活において、ふとした事で嬉しかったりする事ありますよね。
こういう気持ちを幸せというのではないでしょうか。

なんとうか、自分の心が温かくなったり、楽しいと感じる瞬間などに、幸せを感じる人が多いと思います。


人が幸せと感じる瞬間はどんな時なのか。

人が幸せを感じる瞬間にも、色々あると思います。

では、それは一体どんな時なのでしょうか?
ぱっと思いつく事を書いてみます。

・おいしい物を食べているとき
・自宅で料理を作って、まったりとした時間を感じながら過ごしている時
・中華街で食べ歩きをしている時
・仕事後の晩酌をテレビを見ながら楽しんでいる時
・運動をして汗を流し、自分自身の限界の殻を破ろうとしている時
・筋トレをして、順調に筋肉が付いているとき
・好きなアーティストのライブ映像を家でくつろぎながら見ている時
・好きなアーティストのライブに実際に足を運び、その場に実際に自分がいる感動
・友達となにげない会話で盛り上がっている時
・家族で久しぶりの旅行に行き、何気ない会話をしながらゆっくり過ごす時間
・片思いだった人への思いが伝わり付き合えた時。
・彼女・彼氏とのデート
・彼女・彼氏にサプライズのプレゼントを選んでいる瞬間
・子供と一緒にする勉強や休日の公園でするスポーツ
・今まで出来なかったテスト問題が、解けるようになった瞬間
・1年に1度集まる親戚との顔合わせの時間
・好きなブランドの洋服を選んでいる時
・好きなゲームを好きなだけして、気づいたら寝落ちしていた時
・ベッドの布団に潜り込んで、携帯で動画や音楽を聴いている時
・愛しのペットと心ゆくまで、じゃれあっている時
・自宅の部屋の模様替えや、家具集めをしている時。
・好きなアニメのイラストを描いたり、自分自身のオリジナルのイラストを描いている時
・YOUTUBEで投稿した動画の再生数が多く、評価も良かった時
・体調が悪かったのが治って、健康のありがたさを感じた瞬間
・日々普通に生活できている事自体のありがたさ。
・家の掃除をして、ほこりや不要なものが無くなりすっきりした時。
・何にもやる気が出なかった自分が、変わり始めたときの自分に対する自信。
・仕事を続けていて、自分で出来る事が増えてきたときの感覚。
・今までずっとほしかった車を仕事をがんばり、ようやく手に入れた時。
・苦手だったあの人と少し心が分かりあえた時。

などなど色々あると思います。
ぱっと思いついた事を書いたので、ほかにもまだまだあると思いますが、このような瞬間に人が幸せを感じるのではないかと思っています。

やっぱり生きていくなら、幸せな事が多いほうがいいですよね。


お金と幸せの関係について。

人によって幸せを感じる時も様々だと思います。

そして、人はお金が無くては生活が出来ません。お金がなければ、食べ物も買えない。家賃も払えない。学費・ローンなど、日常生活を取り巻くすべての事に対してお金が必要だからです。

お金と幸せの関係について気になったので考えてみました。

生活する上でお金がないと食べる事も遊ぶこともできません。という事はもし、1人暮らしの所持金0円の人がいたとします。

その人が生活しようとした場合、家賃が払えない為、マンションやアパートも借りれません。お金が無ければ住んでいる所も手放さないといけません。誰かほかの人に家に泊まらせてもらう必要があり、それが出来なければ野宿となります。

ご飯も食べれないので、誰かに恵んでもらうしかないような事態になる事は簡単に想像できると思います。

こうならない為に、人は自分に合った職業を探し、日々の労働に対する対価としてお給料をもらうのです。

つまり人はその仕事がしたいから仕事をしている訳ではなく、幸せに暮す為に、仕事で自分の時間を切り売りしてお金を稼いでいるのです。

ざっくりいうと、最低限生活していくお金がなければ幸せになれないという事です。
(この最低限のお金の基準は人によって感じ方が違うと思います。)


幸せはお金で買えるのか?

上の項目で最低限生活していく為のお金がなければ幸せになれないと書きました。

そこで幸せはお金で買えるのか?という事について考えてみます。どういった時に幸せを感じるかは人によって違います。

ケセラセラ的にはだいたいの幸せはお金があれば買えると思います。ですがお金では買えない幸せというのも存在しているのも事実だと思います。結局は何をするにしてもお金がいるので、たくさんお金がある人の方が人生で強いのは間違いないです。

お金持ちと一般人の違いとしては、欲しい車があったとします。

一般人「あの車ほしいな~」と思って値段を見ると400万!したらどうでしょうか。即決で買うってなかなか出来ないと思います。

なぜなら、その車を買う事によって発生する他のリスクが脳裏をよぎるからです。これを買ってしまうと、今までの趣味を辞める必要が出たり、ローンを組んだ場合、今の仕事を辞めるとお金が払えなくなってしまうからです。

逆にお金持ちであれば、欲しい車が400万だとしても、コンビニで弁当を買うぐらいの感覚で買えてしまうのかもしれません。幸せを手にするまでの苦労を考えるとやはり、お金持ちは幸せをお金で買えているといっても良いのではないでしょうか。


お金で買えない幸せというものがある。

お金持ちは幸せをお金で買えると話しました。
ですが、お金だけではどうしようもないものもあります。

それはなんだと思いますか?

ケセラセラが思うに、人の本当の好きという気持ちはお金で買えないと思っています。

どういう事かというと、自分の好きな人がいたとします。いくらお金持っていても、その人に自分の事を好きになってほしいからと言って、お金をもっているアピールをしたとします。

果たして、これでその人がこちらを好きになるのでしょうか?

ケセラセラが思うにそれはないと思います。もしそれで、向こうが好きと言ってきた場合は、単純にお金が好きなだけで、本当にその人自身が好きという訳ではないのです。

お金の力で彼女や彼氏が出来たとしても、それはお金に引き寄せられただけで、本当の幸せはつかめないと思います。

本当に好きな人同士であれば、一緒に話しているだけで楽しいですし、お金を使わなくても、ささいな事が楽しかったりするのです。

少し長くなりましたが、つまり人の心まではお金で買えないという事です。もしお金で人が心の底から好きになるとかであれば、逆に怖いですね!笑


幸せになる為の考え方

人が幸せになる為にはどうすればよいのでしょうか。
人それぞれ幸せと感じる事が違いますし、その基準も違います。

ですが、1つ共通して言える事があると思っています。

それは、日常のささいな事を幸せと感じるように意識する事ではないかと思います。

どういう事かというと、人は慣れてくると、普段当たり前にしている事に対して、幸せと感じにくくなります。

例えば、コンビニで買ってご飯を食べる瞬間や、何気なくテレビを見ている時、お風呂に入っている時。これらは毎日の習慣となっているので、身体が自然に行うようになっています。

ですが、これら一つ一つってよく考えると、とても幸せな事です。

ご飯を食べれない人や、テレビを見れない人も世の中にはいます。

そう考えると、当たり前だと思っていたこと、一つ一つが実はとても幸せだったりします。

自分は全然幸せじゃないな~と思っている人も、案外考え方を変えるだけで、自分は恵まれていて幸せな環境にいる事に気づけたりするのです。


幸せになる為には他人と自分を比べない

気付いていないだけで、実は身の回りは幸せな事がたくさんあったりすると言いました。自分のやっている事に対して、これって今幸せなのかな~?と自問自答してみると案外幸せを見つけられると思います。

その習慣がつけば、何気ないささいな日常にも幸せを感じられるようになり、今後良い人生を過ごす事につながるのではないかと思っています。

そして一番重要なのが他人と自分を比べないという事です。

例えば、月100万円稼ぐ人がいて、自分は月20万円だとします。
それを比べてしまうと、月100万円あれば、あれもこれも出来るし羨ましいなという感情が出てしまいます。

20万では出来る事も限られるし、買える物も限られてしまうというような考え方をしてしまうのです。

これでは、他の人の幻影と自分との落差を感じ、自分は全然ダメなんだと悪い方へと勝手に思い込んでしまうのです。(月100万稼いでいる人は月1000万の人と落差を感じているので結局考え方次第という事なのです。)

これでは、絶対に幸せな考え方は出来ません。なので目標を持つ事は良いのですが、いかに自分の現状が恵まれているかに意識を向けるようにしてみて下さい。他人と比べてもきりがないからです。

自分が一番幸せなんだと思える人が、本当に幸せに人生を過ごせる人ではないかと思います。


ケセラセラが幸せと感じる瞬間

色々書きましたが、ケセラセラが幸せと感じる瞬間は、自宅でゆっくりごろごろしながら、ゲームの動画実況を見る事が好きです。他にはたまにする外食で中華を食べている時にも幸せを感じています。

コンビニのデザートコーナーのパインのカットフルーツを食べている時も、小さな幸せを感じています。

自分の周りにある環境が当たり前と思わずに、感謝しながら目を向けてみる事で小さなありがたみや、幸せが見えてきます。

みなさんも、是非小さな幸せを自分から拾いに行ってみて下さい。案外今まで見えていたようで、見えなかったものに気が付く感覚が出てくると思います。


ケセラセラケセラセラ

では この辺で!またここで会おうぜぃ

【幸せの定義】お金が無くても人生が幸せになる為の考え方についてでした。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
ケセラセラのTwitterはこちら!