[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

急】コロナの倦怠感とはどのような症状!?今すぐに出来る対応とは?

wordpress-corona

タックタック

どうもっタックです。
今回はコロナの倦怠感について分かる範囲でまとめてみました。もし今倦怠感を感じて不安な方がいたら是非参考になればと思います。
そして、今すぐに出来る対応について解説します。


ロナの倦怠感の症状

コロナウイルスの倦怠感の症状について説明します。
コロナにかかってしまった場合は、身体に強いだるさの症状が出る可能性があります。
その他の多岐にわたる症状が出る事も分かっていますが、今回は倦怠感に焦点を当てて解説します。

コロナウイルスが広まり、ある程度時間が経過して分かってきた事。
初期症状として、倦怠感を感じる可能性が高いと言う事です。

<倦怠感の症状>
①強いだるさを感じる
②少し動くだけで疲れる(5分10分)
③体の節々の痛み
④筋肉の痛みを感じる

倦怠感の症状についてですが、どうやら強いだるさや筋肉の痛みを感じる場合があるようです。
その場合は無理をせず帰国者・接触者相談センターに相談する必要があります。


ロナと倦怠感の関係性

実際にコロナ にかかり、治った複数人への結果を整理してみました。
やはり初期症状として、ほとんどの人に体に倦怠感が現れたとの事です。
普通の風邪などでも倦怠感は出るので、一概にコロナと断定はできません。

ですが、ただの風邪と決めつけず、あきらかな体のだるさを感じている場合はコロナ の倦怠感の恐れが十分に考えられます。
一人で我慢せずに帰国者・接触者相談センターに相談する事が大切であると覚えておいて下さい。

タイミングとしては、コロナ にかかった初めの段階で倦怠感が現れているように思いました。
(倦怠感などの症状が発症するのがコロナにかかってから主に3日〜8日後ぐらいとの事)

症状の発症のタイミングについては個人差があるようなので、参考程度にして下さい。


怠感が出た時、今すぐにできる対応

wordpress-corona-stayhome

強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)高熱がでている。
その場合は今すぐに帰国者・接触者相談センターに相談して下さい。
行動は早ければ早いほど助かる可能性が上がります。
これぐらい大丈夫と思っていても、急に重症化する可能性があるのがコロナ ウイルスです。

体のだるさを感じるけど、たいした事がないような気になっても、注意して下さい。
このような症状が4日以上続く場合は、確実に帰国者・接触者相談センターに相談するようにしましょう。
この4日というのは相談の目安なので、早い相談が治療の鍵となります。

相談をもとに、コロナの検査をするのかどうかは医師が判断する流れとなります。
下記のリンクより連絡先を見る事が出来ますので不安な方はどうぞ。
新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センターの連絡先一覧

タックタック

では この辺で!またここで会おうぜぃ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
【緊急】コロナの倦怠感とはどのような症状!?今すぐに出来る対応とは?についてでした。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。


👇合わせて読みたい👇
・【緊急】コロナで首の痛みは出るのか!?今すぐに出来る対応方法!

コロナの影響で勉強が遅れている!今できる5つの対策


Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
タックのTwitterはこちら!