白塗り・ドーランの塗り方・必要道具まとめ決定版(罰ゲーム、歌舞伎、ライブ)


【白塗りとは何か?】

出典:ゴールデンボンバーホームページ

ケセラセラケセラセラ

どうもっケセラセラですっ☆

みなさん白塗りってした事ありますか?白塗りって人生でやる事なかなかないと思います。白塗りを一生やる事が無い人もおそらくいると思います。

この記事では、その白塗りのやり方・塗り方を分かりやすく解説していきます。

今回のテーマは白塗り・ドーランの塗り方・道具について詳しくまとめました。(罰ゲーム、歌舞伎、ライブ)
今後白塗りをやる予定の方のお役に立てれば幸いです!!もちろん白塗りの落とし方も詳しく説明しているので、じっくり見ていって下さい。


白塗りとは、言葉の通り、顔を白く塗るという事です。白く塗るためにドーランというものを使用します。
ドーランとは、油性の塗り白粉の事です。

白く塗る場所は、顔です。テレビやインターネットでも見かけたことがあると思いますが、
歌舞伎役者や、音楽のアーティストがメイクとして使用する事が多いです。

普段生活していて、白塗りする事はまずないと思われます。笑
学校へ通う学生や、一般的なアルバイトや仕事をしている社会人が、顔を白く塗っていく事なんてないですよね。

歌舞伎俳優の方や、アーティストの方ならば使用されるとは思います。

まずは、白塗り・ドーランとは、顔を白く塗るものであると覚えておいてください。
顔を白く塗るので、かなり目立つ化粧みないなイメージですね。

テレビでゴールデンボンバーのダルビッシュさんを見たりしてて、ケセラセラは自分が白塗りなんかする事は一生ないだろうなと思っていました。というより、考えた事すらありませんでした!!

ですが、白塗りをする日は突然あらわれました

それは、とあるアーティストのライブのチケットが奇跡的に当たり、タクキンが浮かれていた時です。
なんとそのアーティストのライブ会場に入るための条件が書いてあったのです。

入場条件としては、
①チケットを持っている事、②チケット購入した本人である事③コープスペイントをしている人

ん???

ここで、ふと疑問に思いました。
コープスペイントってなんだ!?です。

初めて聞く言葉なので、どういう事だ?と思い調べてみたところ、顔を白く塗り、目の周りや口を黒く塗る事で、非人間っぽくするとの説明がありました。これを見て、コープスペイントっていうのは、顔を白く塗らなければならないと気づきました。

そんな、化粧すらやったこともないのに、白塗りなんて出来るのか!?となったわけです。

でも、文句を言ってても始まらないので、何が必要なのか調べたので、是非みなさん白塗りする事があれば、参考にしてください。

絶対、白塗りなんてする事がないと思っている人も、その日は突然やってきます!笑


【白塗りをしている人ってどんな人?】

上の項目でも、少し触れましたが、白塗りをしているのは、
歌舞伎役者やアーティストに多いです。

<歌舞伎役者で有名な人>

①市川海老蔵    ②片岡愛之助       

  

③尾上松也     ④中村獅童

  

出典:歌舞伎俳優名鑑

<白塗り・ドーランで有名なアーティスト>

・ゴールデンボンバーのダルビッシュ
・その他・・・KISS(メタルバンド)等

出典:ゴールデンボンバーホームページ


【白塗りに必要な道具・売っている場所】

ケセラセラが実際に、道具を探して買いに行ってきたので見ていきましょう。
では、実際に白塗りに必要な道具を紹介していきます。1つずつ順番に説明していきます。

<購入した場所>

東急ハンズのパーティーグッズコーナーで購入。
今まで白塗りなんてした事が、無いためかなり探しました。これが意外と売っていないのです。

注意してほしいのが、コンビニやイオンなどの化粧品コーナーには全然置いていませんでした。
顔に塗るので化粧品コーナーにあるものだと思っていたので、かなり探すのに苦戦しました。

基本的に売っている場所は、パーティーグッズ(仮装グッズ)などが置いてある場所に売っている可能性が高いです。もしくは、インターネットで購入するのが確実です。

ですので、当日や、前日に準備しようと考えていると、見つからずに困ってしまう可能性があるので、前もって準備するようにしましょうね。

<準備するもの>

①スポンジ
②クレンジング
③メイクアップパフ
④ベンナイクラウンホワイト(白色のドーラン)
⑤粉白粉
⑥ライニングカラー(黒)
⑦細い筆(筆があれば顔に模様を描きやすい)


①スポンジ             

このスポンジは初めから切れ目が入っているので、ちぎりながら使う事が出来るのでとても便利なのです。
サイズも丁度、白塗りをする時も使いやすくなっています。
使い終わったらポイっと捨てる事が出来るのが一番の特徴となっています。
大きなスポンジですと、全体がよごれてしまうので、このスポンジをおススメします。



②クレンジング  

このクレンジングですが、使うタイミングとしては白塗りのメイクを洗い落とす時に使います。実際にこれを使って白塗りを落としたのですが、めちゃくちゃ落ちます。中の容量もたくさん入っているので、これ1本あればしばらくは持つと思います。
歌舞伎の方や、毎日白塗りメイクをする方であれば、数本持っていると安心です。
あとこの記事の下で白塗りの落とし方も説明しているので、読んでみてね。


 
③メイクアップパフ

なんとなく写真をみて頂くと分かると思いますが、白塗りをする時に使うメイクアップパフですね。
お肌にポンポンして使います。ケセラセラはこれを使って白塗りをしましたが、パフの質感も良く不快感がなく肌に塗る事が出来ました。
お肌に優しい天然ゴム製なのでこちらも、白塗りの際に合わせて使ってみて下さい。



④ベンナイクラウンホワイト(白色のドーラン)

(開封前)          

 (開封後)👇 👇 👇

このベンナイクラウンホワイトは白塗りの際の顔を白くするものです。ドーランとも呼ばれています。細かい塗り方についてもこの記事の下で書いているので合わせて読んでみて下さい。実際に使ってみた感想としては、めちゃくちゃ白く濡れます。
むら無く肌全体に均一に塗る事が出来るので、とにかく良いと感じた商品です。あとは塗る人のテクニックが必要ですね。


⑤粉白粉(オシロイ)

(表面)                    

(裏面)

(開封後)👇 👇 👇


これは粉白粉(オシロイ)というものです。
粉白粉(オシロイ)は白塗りの仕上げに使います。写真のように油分を含まずサラサラとした粉上のものです。油分がないので、顔の汗や脂汗を吸収して白塗りのメイク崩れを防いでくれます。最悪無くても大丈夫ですが、白塗り(メイク)を崩れさせたくたい時は、是非持っておきたいものです。ちなみにケセラセラもこれを買いましたが、白塗りライブ後の汗だらだらでも白塗りを維持できていたのですげーってなりました。 


⑥ライニングカラー(黒)

(表面)                    

(裏面)

(開封後)👇 👇 👇

白塗りに欠かせないのは何と言っても、ライニングカラー(黒)です。顔の白塗りにアクセントを付けてくれるのがこのライニングカラーというものです。カラーの種類にも黒以外にも赤など色々あるのですが、今回は黒色を紹介しています。
白塗り初めての方はなかなか、この黒をどこに塗ればいいのか迷いますが、これは勢いで実際に塗ってみるしかないです。塗ってみてから気づくことも多いので、とりあえず挑戦が大事です!これも絶対といっていいほど使うので今後白塗りをする人は1つ持っておいてください。


はい。
準備するものは、これだけあればなんとかなります。

写真は、中身がわかりやすいように、蓋を開封後の写真ものせてみました。
基本的に、今回準備したものは、白塗りをする上で最低限必要と思われるものです。
塗る色を白と黒の2色で想定して準備しました。

出来れば、他にあれば便利なものは顔に細かい模様を描きたい時の為に、
絵の具に使うような細い筆があれば、かなり便利です。

筆があるか無いかで、出来上がりのクオリティがかなり変わってきます。

今回ケセラセラは、筆を買い忘れていたので、購入したスポンジと自分の指を使用して白塗りを完成させます。


<セット一式>

初めてこの道具を買いたいという方で、1個1個集めるのがめんどくさい人はこのセット一式で買ってしまうのも便利です。
スポンジなどはセットに入っていないので、足りない分は個別で買うようにして下さい。


【ケセラセラが実際に白塗りをしてみた】

では、ようやくここまで準備が整ったのでいざ、決戦へ!

顔に何かものを塗るとか初めての経験なので、かなりドキドキワクワクしてきました。

白塗りする前は、女性の方も、こんな気持ちなのか?と今までにない不思議な感覚です。

いざ、準備が整い塗ろうと思ったのですが、まずデザインとかどうすればいいか全く湧いてきません!笑

とりあえず、白く塗ればいいのか?と思いつつ、白塗り写真を検索すること、30分・・・。

ん~いまいち、いい感じの写真が見つけられず、YOUTUBEで白塗り動画を検索してみたとろ、
おお!!初めから白塗りをしている動画があるではないか!!

初めから、白塗りをしている様子が映っているので、分かりやすいし、完成した白塗りもかっこいい!
というのを見つけました。

じゃあ、これを参考に白塗りしていこうとようやく、目標が決定しました。

これで、かっこいい白塗りになって、参加するアーティストのライブで周りの人を驚かせてやろうと、謎のスイッチが入りました。

少し前までの白塗りの不安が、謎の楽しみへと変わった瞬間でした。

そして、いよいよ塗り始め。


①まずは、ベンナイクラウンホワイト(白色のドーラン)をスポンジに付け
肌に塗っていきます。

           ➡   
    

➡   

今回準備した、ベンナイクラウンホワイトは塗り重ねれば、かなり白くなります

店員さんからゴールデンボンバーのダルビッシュさんも同じものを使用していると聞きました。写真のようにだいぶ白くなりましたね。

実際に塗り始めると、ちゃんと白く塗れて、いい感じです。


②白く濡れたら、粉白粉をメイクアップパフを使い肌になじませます。

③粉白粉をなじませた後、ライニングカラー(黒)を
上から目の周り、口元などの塗りたいところに塗ります。

④ライニングカラー(黒)を塗り終えたら、再度
粉白粉をメイクアップパフを使い肌になじませ完成。

では、完成写真を見てみましょう!!

どうでしょうか?
これで一応、完成です(ライブ前日の練習塗りです)!

初めは、顔全部きちんと白で塗りあげたのですが、
ライトニングカラーの黒を使い始めてから、塗っていく内におかしくなったところを修正したらどんどん変になってしまいました。

気づけば想像していた完成図からかけ離れた出来ばえに!

練習だしもういいやと思い、とりあえず顔面を白と黒のツートンにしてみました。
うん、これはなかなかひどいですね。

これはさすがに、失敗したので、いったん洗い流しました。いいんです!練習だからいいんです!(2回言う)

初めての白塗りでしたので、失敗しましたが、これぐらい白黒はっきりとした色が付けられるので、是非みなさんも試してみて下さいね。

もうこうなったら、次の日の本番でうまく塗れる事を期待するだけです!!
期待外れの画像でしたら、ごめんなさい!

また、白塗りする事も、今後増えてくるかもしれないので、その時はクオリティの高い、メイクが出来れば写真をのせようと思います。

今度は、メイク用の筆をしっかり購入して
挑戦してみたいと思います。


👇合わせて読みたい👇(白塗り・ドーランで他の人と差を付けたいなら!)
【応用】白塗り・ドーランで簡単で圧倒的に他の人と差を付ける方法


【白塗りの落とし方】

さて、メイクが無事終わり、ライブなども終わってしまえば、もうこっちのものです。
あとは、メイクを落とすだけですからね!

今回使用した、ベンナイクラウンホワイト(白色のドーラン)ですが、店員さんからは、クレンジングを使用しても、なかなか落ちにくいので、何回も洗わなければならないと言われていました。

実際に、お風呂場で、クレンジングを使用して手でこすってシャワーで流したところ、ほんとうに落ちにくいではないですか!その後、2,3回クレンジングを付けてシャワーで流してもなかなか落ちないのでやばいと思っていました。

ここで、1つかなり重要な事に、気づきました。
クレンジングをよく見ると、ふき取りタイプと書いてある事に気づいたのです。

さっきまでは、手で泡立て、シャワーで流していたので、今度は、使い捨て出来る用のタオルを持ってきました

そして、クレンジングを付け、タオルでふき取ってみたところ、めちゃくちゃ一気に落とすことが出来ました。

つまり、手で泡立てるだけでは、なかなか落ちないようにできているのです。

みなさんも、白塗りしたときは、ふき取ると落としやすいと覚えていて下さいね。

風呂場でタオルでふき取るのが一番早く落とせますが、ライブ後すぐに落として帰りたいという方は、事前にウェットティッシュを準備しておくとよいと思います。

白塗りのまま、電車やバスに乗るのは、かなり周りの視線に耐えるのに
勇気がいるので注意です!笑

同じ、白塗り仲間と一緒に帰るのでしたら、白塗りのままでも案外見られている事も
楽しめるかもしれません!

 


白塗り道具はここから一式全部買えます。


【まとめ】

・白塗りとはドーランを使用し顔を白く塗る事です。

白塗りをしている人は歌舞伎俳優、アーティスト(メタル系に多い)等が多い。

白塗りに必要な道具は、

①スポンジ
②クレンジング
③メイクアップパフ
④ベンナイクラウンホワイト(白色のドーラン)
⑤粉白粉
⑥ライニングカラー(黒)
⑦出来れば、細い筆があると、顔に模様を描きやすい。

・白塗りに必要な道具が買える場所は東急ハンズ等のパーティーグッズコーナー
(コンビニや化粧品コーナーには基本的には売っていない。)

・白塗りの落とし方。
クレンジングを顔になじませ、タオルでふき取る。
ある程度落としたい場合は、ウェットティッシュがあれば便利である。


余談になりますが、みなさんアーティストのBABYMETALは知っていますか?

このグループの演奏(ドラムやギター)を担当している方が全員白塗りなのです。
おすすめのアーティストなので1度見てみるといいかもしれません!


👇合わせて読みたい👇(BABYMETALについて書いた記事も是非読んでほしいです。)
BABYMETALのYUIMETAL(水野由結)が脱退したファンの心境とこれからについて


ケセラセラケセラセラ

では この辺で!またここで会おうぜぃ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
ケセラセラのTwitterはこちら!