パチンコで負ける確率は100%の理由【1ヶ月で100万負けれます】

パチンコ負ける

タックタック

どうもっタックです☆

パチンコで1ヶ月で100万円負けれるって知っていますか?

パチンコって実は身近にある分、とても怖い物です。
面白いアニメを使った台があるので、ゲームセンター感覚で手を出すとひどい目にあいます。
1ヶ月100万円負けるって大袈裟だと思いますか?

でもこの金額は、重度の依存症になってしまうと、実際に負ける可能性がある金額なのです。

この記事を読む事で

・パチンコの危険性が理解できる
・パチンコの負け額(1日単位〜1ヶ月単位)が理解できる
・パチンコで失う物が分かる
・パチンコに手を出さない快適な生活が送れる・この記事を読むと、パチンコを辞めたい気持ちになれる
・パチンコ依存症から抜け出すきっかけになる

パチンコで負ける確率とは

パチンコ負ける

パチンコで負ける確率って考えた事ありますか?

誰しもパチンコに行く前に考える事があります。
それは、今日は勝てそうな気がする!今日は絶対勝つぞ!という事です。

今日はいっぱい負けるぞ!と思ってパチンコを打ちに行く人っていませんよね?

逆にその考えが出来るのであれば、初めからパチンコには手を出していないと思います。

では、パチンコで負ける確率ってどれぐらいなのでしょうか。
打った事ない人から見ると勝つか負けるかの2択なので50%と思うかもしれません。

答えはNOです。

10年以上パチンコ依存だった私がパチンコで負ける確率は体感80%です。
体感なので誤差は多少あると思いますが、10回行ったら2回ぐらいしか勝てません。

つまり、普通の一般人が、とくに台選びをせずに、フィーリングで座った台を打ち続けるとほぼ負けるという訳です。

パチンコで負けれる金額(1日・1ヶ月)

ところでパチンコで負けれる金額って考えた事がありますか?
普通は上限を決めてお金を使うと思うので、あまり考える事がないかもしれません。

ですが、パチンコ依存症になると、上限を越えてしまっても、ATMでお金を下ろしてまでパチンコに使うようになります。
これだけパチンコを回したんだから、もう当たるかもしれないという感情から制御不能になっている状態です。

自分の最高負け額

【1日の最高負け額】11万5千円

【1ヶ月の最高負け額】50万円
打ちに行った日数、長期連休があったので15日間ぐらい)

【今までのトータル負け額】1000万以上(10年以上で1000万は越えてます)

普通に考えて1日で10万以上使うって、完全に依存症ですね。
今だからこそ、冷静になって考える事ができていますが、当時は完全に脳が思考停止していました。

1ヶ月の最高負けも、普通に考えたら異常です。
給料2ヶ月分でも足りません。もし貯金がなければ、食費も払えなくなるレベルです。
社会人でボーナスの貯金が多少あったから、なんとかなりましたが今考えると恐ろしいです。

私の場合は1ヶ月で50万ほど失いました。
もし仕事をしていなかったら毎日パチンコに通っていた可能性も考えられます。
つまり同じペースで負け続ければ、100万負ける事もありえました

たしかに、負けすぎて給料が一瞬で無くなる事が今まで多々あったので、上限なくパチンコを打つとこうなるという事ですね。

みなさん。パチンコ依存症になると、これだけ負ける事が可能です。
長く打つほど、比例して貴重な時間とお金がなくなるので、良い事は一つもありません。

パチンコで負ける人の特徴

パチンコ負ける

パチンコで負ける人に特徴ってあるのでしょうか?

答えは、負ける人に特徴はありません

なぜならパチンコに行っている人のほぼ全員負けているからです。
1日単位で見れば、たまたま不利な状況にもかかわらず、まぐれ勝ちする日もあります。

ですが、1ヶ月単位となってくると話が変わります。
あきらかに負けている回数が増えていると分かるはずです。

人は負けている現実を見るのが怖いので、勝った時の記憶が強く残るようになっています。
収支をつけてみると、異常な金額負けていると分かり、行くのがアホらしくなるというのはよく聞きます。

パチンコで負ける仕組み

パチンコ負ける

パチンコで負ける仕組みについてです。
なぜこんなに、ほぼすべての人が負けるのでしょうか。

もちろん、パチンコ屋も商売でやっています。
従業員の給料や、新台の入れ替え、設備の維持費などはすべて私たちお客から搾り取っているのです。
パチンコ屋の商売って本当に悪く、面白そうなアニメでおびき寄せ、依存症にしてしまう事で、永遠に回収します。

新台1台50万をあんなに頻繁に入れ替えすると考えれば、莫大な金額が必要です。
つまり、それだけお金を回収する必要があるという事ですね。

結局はパチンコであれば、釘が閉められている事がほとんどです。
しかも、ようやく当たってもリターンが少ない台が多いです。
結果、当たった少ない出玉で、悪い釘を打たされている為、結局気付いたら大きく負けているという訳です。

スロットであれば、設定がありますがイベント日以外はすべて設定1と思った方がいいです。
つまり、普通の日にふらっとパチンコ屋に行って、勝てる確率というのは、相当低いと分かります。

これらを踏まえて私から言いたい事が1つだけあります。

パチンコで勝つという事は、パチンコを辞める事である。

パチンコを辞めれば、パチンコ屋が衰退し、パチンコ依存症に苦しむ人が減るという事に繋がります。
ギャンブルはこの世になくても、誰も困る人はいません。
むしろ幸せになる人で溢れかえるでしょう。

パチンコを続けると結局負ける

パチンコ負ける

パチンコは続ければ結局負けます。
2021年以降になって、それはさらに明確となってきています。

パチンコの出玉規制が強くなり(結局店が有利なだけ)、パチンコ人口も明らかに減っています
それにコロナも重なり、日本の雇用状況も悪くなっている現在、パチンコに行く人も相当減りました。

つまり、パチンコ依存症で苦しんでいる人が、さらに店から絞り取られるという悪循環が発生しているのです。
店も利益を確保する為に、釘も閉める・設定も入れないを徹底しています。

昔は奇跡的に大負けからの一発逆転できる台もありました。
(10万使って20万出るなど。)

今のスロットでは、逆転はほぼ不可能であり、パチンコも継続率と出玉が減らされ、厳しい現状です。

もはや、パチンコ業界が日本から無くなるかどうかの、ところまで来ているように感じます。
本当にパチンコをやっても良い事は何1つありません。
パチンコはすべてを奪います。

このブログでは、依存症の人を回復する為の方法を徹底的に解説しているので、私と一緒に頑張りましょう。

パチンコで負けるとイライラする

パチンコ負ける

パチンコって負けるとイライラしますよね。
これもすべて、パチンコ屋の戦略です。

イライラさせる事で、冷静な判断力を無くし、さらにお金をサンドに入れてしまうのです。
あの爆音の店内と、眩しすぎる台の光で、脳からはアドレナリンとドーパミンが大量に出ています。

そんな中で冷静さを保てる人はいません。

もし、勝ったとしても、結局は次回の軍資金になるだけで、パチンコ屋から預かっているだけのお金です。
その日単位で勝っても、結果的に次回おびき寄せる為のエサなのです。

魚がエサに食いついた状態で、泳がされている状況を想像してください。
店が糸を巻けば、釣り上げられるのです。
つまり、パチンコで勝っても負けであり、負けても負けです。

本当にパチンコ屋に勝つという事は、私たちがパチンコを完全に辞めるという事です。
今、パチンコに通っているすべての人間が、辞めた時を考えてみてください。

パチンコ屋の店内に客が一人もいない状況を。
つまり店の利益は0になる訳です。
となると、従業員の給料、新台入れ替え、電気代の支払いができないという事になります。

これが続くとどうなるか分かりますね。

そうです。パチンコ屋がつぶれる事になります。

こうなれば、本当にパチンコ屋に勝利したという事になりますね。


タックタック

では この辺で!またここで会いましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
どんどん更新していくので、お気に入り登録もよろしくお願いします。
パチンコで負ける確率は100%の理由【1ヶ月で100万負けれます】についてでした。

Twitterをメインでしているので、フォローもよろしくお願いします。
タックのTwitterはこちら!